FC2ブログ

2018/05/24 雅

20180524miyabi

裏シオラをご覧の皆様、御機嫌よう。
雅です。

昨日吉祥寺のAFFIX paraparaでキャットスーツをご依頼させて頂きました。
そこで真珠様と紫様のお話を少し聞かせて頂き、私も脳内に残る、印象深い女王様になりたいなと感じた次第であります。
もちろん形だけでなく、内面も伴う女王様に。

今までキャットスーツを持って居なかったので、キャットスーツが出来上がって来るのが楽しみ。
ラバーの衣装も注文中なので、また出来上がったら報告するわね。

素敵な衣装は高揚する。
スイッチが切り替わり表情も変わる。
日常から非日常へと。

女装子ちゃんやいやらしい格好をするマゾは分かるわよね?


先日紫様の送別会に参加させて頂きました。
感じたのは皆個性が違って、色が違って面白いなぁと。
同じ事をしても人によって印象が変わるし、似合う物も違う。
きっとプレイも同じ事。
今まで苦手だと思って居たプレイも女王様が変わったら一気に好きになるかもね。
苦手な物を好きにさせる。
とても楽しそう!!

是非苦手だった物にもチャレンジして。
きっとそれぞれ良さがある。
固まらず柔軟に。

紫様
初めての縄講習で縄を教えて下さったのは紫様でした。
私の写真を撮って下さったのも紫様でした。
ありがとうございます。
これからも躍進される事ををお祈り致します。


2018/05/24 櫻子

20180524sakurako

裏シオラをご覧の皆様こんにちは。
冷房の寒さに凍える櫻子です。

五月雲を見られる日もしばしば、
いかがお過ごしでしょうか?


先日、紫さんの送別会があり
ドミナの美女の皆様がズラりと並んだ光景に
圧巻されておりました。

都会の真ん中を感じさせないような
緑生い茂るお洒落な空間に集まるこんなステキな方々が、

まさかラブホテルの一室でM男にあんなことやこんなことをしているだなんて。
誰が想像するでしょうか。

今でこそプレイルームがないが故に
味気ないラブホテルで秘め事を進めていますが
召使いや家具奴隷、執事に便器奴隷と、
日常の生活に欠かせないSMにもとても魅力を感じます。


いつかは広いヨーロピアンなお屋敷に住み
執事の声で目覚めて
目覚めの紅茶にテオドーのフレーバーティー

英会話や乗馬やお裁縫を学び
毎日素敵なお食事を楽しむ

そんな優雅な生活をしながら


地下牢には能無しの男を過酷な環境で飼い
良い物ばかり摂取した私の黄金を与え
時には鞭で打ったりするの

イスやテーブルに様変わりする男の上で
アフタヌーンティーを頂くの!


学んだ乗馬の経験は
日頃頑張る奴隷たちにも体験させてあげるし

お裁縫で学んだ刺繍を
ご褒美代わりに彼らの体に施してあげちゃう

英語が堪能になれば異国の男たちにも
私の下に仕える喜びを教えてあげられるわね

私がつまらなくなったら奴隷たちを
面白おかしく操って皆んなでパーティーするの。


出先でお手洗いに困ることもないし
私が大好きな奴隷たちと大好きな場所で
理想の生活できたら…。と

夢見ておりました。



そうやって奴隷を従えて参加する
プレイパーティーをしたり。
他のドミナと奴隷の姿を観察して
私の奴隷に試してみたり。

いつか皆さんでやってみたいです。


日常の生活に当然とあるSM関係、
妄想が止まらないですね。


貴方にもきっとあるでしょう?
ぜひコソッと教えて頂戴な。

2018/05/23 栞

20180523shiori

羞恥が好きなマゾ。

日頃、どんな妄想をしていることか
恥ずかしいけど見られたいのよね。。
見られないと感じられない体になってしまったの


さあ、
扉を開けて、みんなに見てもらうのよ。
栞様にしばられて、もう逃げられないんだから。。

しばしすると、マゾの肉棒が固くなった。


周囲は
高く聳えたオフィスビルが乱立している。


さあ、お尻を突き出しなさい!!!

「な、なにをするんですか?」


お前は、今から栞様の大きいペニスに侵されて、 みんなに鑑賞してもらうのよ!!

「ひぇ~~、おゆるしくださ~い」

ズゥボッッ!!!「あ、あ~ん」

「こ、声がでちゃいますぅう。。栞女王様、もうお許しください~ 」


ねぇぇ、声をもらしたら、 お前の淫乱ペニスを二度と勃起できなくしてやるからね! わかったぁ~???

「は、はい。。。」



他人に見られながら、わたくしにレ●●されたマゾは
たまらない快楽に浸した。
もうこんな風にされないと興奮できないのよね。。うふふ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーー


今週の出勤時間
23日(水)21:00-L
26日(土)19:00-L
27日(日)19:00-L


今週もどんな変態マゾに逢えるのか、楽しみね。
では、ごきげんよう。