FC2ブログ

2018/05/11 栞

20180511shiori

男の人は競争をして、
自分のプライドを保とうとする。
財力、立場、権力。。

そして、人のため、会社のため、
誰よりも努力し、突っ走て来た
上に行けば行くほど、
誰にもわかってもらえない世界は
孤独でもある

もう子どもじゃないから、
頑張ったところで、ほとんどはほめてもらえない
むしろ、やって当たり前、できて当たり前
やればやるほど求められるようになり
責任…期待…
気が付けば
引けないくらいのところまで
来てしまった
見下ろすことすら恐い

それでも明日が来れば
堂々としなければならない

その蓄積はやがて、
「アレ」を求めたくなる要因

私の経験上では圧倒的に
こういった方が多いのです
(ま、そうじゃない方もいますが…)

男の人にだって
泣きたいときもありますし、
甘えたいときだってあります

「調教」…そうねぇ
表面的な意味として、
訓練をする、言いなりにさせる、耐えさせる、躾をする…
など、といろいろありますけれども
しかし、調教されたい、征服されたいの裏には…

…つまり、支配と服従の関係性にありつつも
掘り下げてゆけば
甘えたい、認められたい、褒められたい…だったりするのです
(あなたは気づいていますか?)
「調教」はそれらの願望を叶えるきっかけづくりでもあり、
間接的なはけ口にもなるからこそ、
心を解き放つことができるのだと思う
…まったく、人間は遠回りしたがる生き物よねぇ

男性の承認欲求は小さかったときと比べても、
さほど変わらないのでは?って思ったりします。

私はね、頑張り屋さんが好きです。妥協しない子が好きです。
突っ走て、息切れをしてしまいそうな貴方がもっと好きです。

でも、息抜きもしてほしい…
自分の気持ちに…素直に…

貴方の幸福はきっと
誰かの幸福にも繋がるはずですから。

ー栞ー
関連記事

COMMENT 0