FC2ブログ

Theater-U-La-Siora◆舞台裏シオラ

Archive2019年10月 1/5

﨟たき赤と黒 by りりこ

わたしのポートレートが新たに公開されました。この度の撮影はランジェリー。赤と黒。こちらはイタリア製のもので繊細なレースが美しく、身に付けると気持ちまで洗練されます。前回とはまた違って、この度はランジェリーですのでわたしの女性性の美点を意識しました。長くしなやかな脚の魅力が映え、このわたしのボディだからこそ、これらのポーズが絵になっているかと存じます。髪色も変わりまして、すこし﨟長けたんじゃないかな...

  •  -
  •  -

りりこさんポートレイト追加!

ベビードミナ、りりこさんのプロフィールのお写真を追加いたしました。二回に分けてお届けする第一弾、ドミナページの扉スライド画像も更新済みです。二回目の更新は来週を予定しております。https://lasiora.org/ja/domina/ririko/プロフィールページの【Profile Photos】よりご覧下さいませ!...

  •  -
  •  -

射精管理 by 楊子

裏シオラをご覧の皆様、お久しぶりです。楊子です。暑苦しいジメジメとした夏が終わり、健やかに秋を満喫しております。それはそれは楽しく、趣味はお散歩と料理です️などと自己紹介をしてみたり。実際にはマゾをどうやって弄んでやろうかといったことばかりを考えています。ありがたいことに私と仲良くなるマゾ達はとても面白くて、人としても好感の持てる方々で、楽しくSMができています。たまに口煩くお酒はほどほどに!お水も...

  •  -
  •  -

櫻子さんのリレーコラム3をUP

櫻子さんのリレーコラム第三弾をUPいたしました。テーマは「こんなところでSMしたい!あなたの理想のダンジョンは?」です。下記リンクページなかほどをご覧下さいませ。https://lasiora.org/ja/...

  •  -
  •  -

実験台 by りりこ

実験台に来るって言ってたマゾ。アマルコルドにわたしが出勤のとき、短い時間でも会いに来てくれるよね。うれしいよ。次がラスト実験台なんて言ってるけど、あなたはそれで良いのかな?実験台って名目に逃げてない?わたしにハマるのが怖いとか言ってたね。実験なんて山ほどあるし、たったこれだけの実験でわたしが満足するとでも?マゾ先生を自称するならちゃんと全うして貰わなくちゃねって、何回わたしに言わせるつもり?今から...

  •  -
  •  -

撮影 by 藤香

M淑女M紳士の皆様ご機嫌いかが?秋も少しずつですが、深まってきましたね。先日撮影をしてきました。今回は全て自分でオーガナイズし、挑戦。改善点はありますが、楽しみつつ色々と出来ました。最近興味があるラテックスも着用して撮ってます。体のラインや光の反射具合が素材の影響が色濃く出て、実に面白い。着ていると圧迫感と熱感もあり、高揚してくる。そのせいか撮影中に以前ラテックスを着た奴隷を鞭調教、そしてマスクを用...

  •  -
  •  -

退店のご挨拶 by ましろ

みなさまおひさしぶりです。ましろです。大切なお知らせがございます。10月末をもってラ・シオラ退店させていただくことにしました。夏以降、臨時のお問い合わせをくださっていたM男君、申し訳ありませんでした。転職したばかりでバタバタしていて、いろんな面で余裕がありませんでした。本当に短い間でしたが、、SMを通して、人生や愛、人間について考えることができ自分にとっては実りになりました。私と関わったM男君はどうでし...

  •  -
  •  -

マゾお習字教室 師範りりこ by りりこ

墨を磨る。かぐわしい香気に精神が落ち着く。墨の香料に含まれる龍脳が、原料の膠のかおりを消す。昔には甘松末、白檀、梅花、龍脳、麝香だとかも使われていたのだとか。今は専ら龍脳らしいけど。この香りが、精神を落ち着かせる作用をもたらす。わたしは10年、書を学び、高校では書道部に所属していた。「それなら、字が上手いんじゃない?」と言われるが、誇らかに「上手いよ」と言うのもどこか違和を感ずる。10年余りの歳月は噓...

  •  -
  •  -

鳴海さんによるリレーコラム更新です!

「こんなところでSMしたい!あなたの理想のダンジョンは?」でお送りしておりますリレーコラム、今回の更新は鳴海さんです!下記リンク中ほどより、ぜひご一読くださいませ。https://lasiora.org/ja/...

  •  -
  •  -

マゾストーリーは突然に♡ by じゅん

最近めっきり冬めきましたね。冷たい雨が続いておりますが、変態の皆様の体調は如何でしょうか。こうして寒くなるとともにプレイの熱気をより強く感じます。始めは暖房を付けようなんて話していたのに、いつの間にか汗で濡れる程熱中していて。そしていつもその滴によって最高の瞬間を迎えたことを知るのです。しかし、最高!と思える瞬間を迎えてなお、私は快楽を追究することをやめられません。もっともっとと貪欲に求めていきた...

  •  -
  •  -